口臭を改善させると自分の気持ちも周りの目も変わる

年齢は40代の後半となります。仕事は事務職です。
自分の口臭に一番最初に気が付いたのは当時、お付き合いをしていた男性からの言葉でした。

かなり長い期間を付き合っていた人でしたので、お互い言いにくいなと感じる事も平気でいう部分がありました(年齢が若いという事も合ったかもしれませんが)

その時は、「口がたまに臭うんだけど」と、いう言葉を本当にストレートに言われたのです。
さすがにあまりに唐突な言葉だったので、少し傷つく思いがありましたし、絶対に改善させないとまずいという気持ちで一杯になりました。

そして当時に感じた事は、自分の中で口臭がする人ってイメージ的に良くないと思っていたので、そのイメージの良くない中に自分が入っているかもしれないという事にかなりもやもや的な思いがあった事は事実です。

彼氏に指摘さて初めて自分の口臭を意識しだした

その時は自分では口臭に気が付いていないというのか、そんな事を言われると想像もしていなかったので、あり得ないという思いがありました。

私がその時に口臭対策として行った事は歯科医に行きました。
その当時はかなり虫歯があったので、そこから臭いがするしか考えられなかったので、まずは歯科医にいく事を思いつきました。
歯科医では案の定、かなりの虫歯を見つけてもらい、歯の治療と共に歯石の除去などもしてもらいました。

先生に口臭の原因は何からきていると思いますか?と質問したら、私の場合は虫歯で歯に穴が開いているので、そこに食べかすが詰まり、キレイに歯が磨ききれないことから、更に臭いの原因になっていると言われましたし、歯石が口臭に繫がっているという事もあったようです。

虫歯治療と歯石を完全に除去してもらい、当時の彼からも口臭はしなくなったと言われましたので、虫歯治療と歯石辞去はかなり効果があったと感じています。

原因は虫歯。口臭が気になる人はまず歯医者に行ってみよう

時が流れて口臭ケアの対策の仕方やケア商品も多数出てきたので、10年以上前から見るといろいろな対策をとれる事になりました。
その中でも今のところ私の中で、口臭ケアで効果を感じてる方法や商品を書き出してみたいと思います。

①定期的に歯科医に通い歯石除去。

この数年間は半年に一度のペースで歯科医に通い歯石の除去をしています。歯石と取って貰い、歯の隙間の掃除をしてもらう事で口臭は防げると感じています。
自宅では歯科医お勧めの歯ブラシと歯磨き粉を使用しています。重ねて舌のケアをしています。
舌ブラシも歯科医お勧めのものを購入して使っています。舌はソフトに置くから手前に流すようにそっとブラシをかけてあげると舌の汚れが取れます。

②マウスウォッシュを使っています。

以前はドラッグストアなどで購入したマウスウォッシュを使用していましたが、現在はネット通販(海外製)の強烈なマウスウォッシュを使っています。
1日三回使用する事で、かなり口臭ケアには効果が出ていると感じます。

③臭いが強い食事をした時はヨーグルトやヨーグルトドリンクを食べる。

焼き肉やにんにく料理、キムチなどが大好きなので、外食もそれらを好んで食べがちです。
そんな時は翌日に臭いを残さないように、ヨーグルトやヨーグルトドリンクなどを食べたり飲んだりして腸内を安定させます。
食事後にヨーグルト系を食べる事が困難な場合はブレスケアの錠剤を飲んで置きます。

◎強力なミントをカバンに忍ばせておく。

一時的に口臭を凌ぐにはやはりミント系のガムや粒タイプのものをお口に放りこむ事が一番効果的です。
しかし場面でガムは難しいこともあるので、そんな時ははやり粒のミントをお口に一つ入れます。

これらの方法で今は全く口臭がない口を保てていると感じます。
口臭が改善すると自分の気持ちも周りの目も変わる気がしています。