口臭対策に効果があったアロマテラピーとは?

私は四十五歳の主婦です。三十代後半から、徐々に自分の口臭について気になるようになってきました。

もとからとても鼻がよく、他人の口臭も敏感に気になる方ですが、加齢に伴い、口臭が強くなってきたように思います。

口臭が気になりいろいろ試してみた結果、効果があったのは?

息がくさい、というのは自分としてはとてもがっかりします。寝起きの時など、自分でうっ?と思う機会が増え、自分で気づくなら他人もおそらく、と暗くなります。

夫に指摘されたことはないですが、息子には一度だけ言われてしまい、がっかりしました。
歯科医では特に病気ではないけれど、歯茎がだいぶ弱ってきていてまあよくある範囲の歯周病みたいな診察を受けました。

口臭を防止するために、いろいろ試してみました。まずは口臭のもとになりやすい食生活について調べて実施してみました。実はニンニクもニラも大好きです。毎日コーヒーも飲んでいます。食べ物に気を付けると、たしかに口臭は減るようですが、好きなものを我慢するのは、ストレスが大きく継続できないと思いました。

食生活が原因で口臭が強くなりそうなときは、マスクを持ち歩くようにしています。

歯磨きとフロスを徹底的にして、口臭予防のマウスウォッシュを使うのは、確かにその時点では効果があります。ただ、一日中それを繰り返しているわけにはいかないのと、性格が極端な私はやりすぎて口の中に傷をつけてしまい、マウスウォッシュがしみてとても痛い思いもしました。

市販されているブレスケアのタブレットのようなものも試してみました。これも、短期的には効果があると思います。ただ、歯磨きやマウスウォッシュを食べているようなものですし、人工的な色のついたものを日常的に飲むというコンセプトがあまり気に入りませんでした。

それに、パッケージもちょっとあからさますぎるので、買うのも、持ち歩くのも抵抗がありました。ちなみに私はガムが嫌いで、ガムというのは口臭予防の選択肢にはなりませんでした。

意外に効果があったのは、ハーブです。ある日、うっかり香味野菜の多いランチの後に息子の学校のPTAの集まりに行くことがありました。

ローズマリーの消臭効果で口臭が気にならなくなった

一度帰って歯を磨いたりフロスする時間もないし、周辺に販売店もありませんでした。少人数だけど打ち合わせで話をするし、目上の人もいるのでマスクを装着したままではいかないだろうな、と困りました。

その時、ふと通りかかった知らないおうちの庭から、大きなローズマリーの枝がこぼれんばかりに道まで広がっているのが目につきました。アロマテラピーには興味があったので、ローズマリーには消臭効果があることを知っていました。

迷った末、ほんの少し枝から葉っぱをちぎり、そのままもぐもぐしました。要するに葉っぱですからそのような風味ですが、口の中にはハーブの香りが立ち上り、いいな、と思いました。

けっきょく、そのローズマリーの効果で、その日は口臭を気にしないで打ち合わせに参加できました。

人のお宅から枝を拝借したのは、ちょっとよろしくないですが、アロマテラピーという案が浮かんだことは良かったです。

いろいろ研究し、オイル等を調合して自分好みのマウスウォッシュを作りました。市販よりヒリヒリ感がなく、マイルドで気に入っています。

添加物や化学薬品が少なくて体にやさしいというのもいいと思います。ローズマリーの鉢植えも買ったので、実は時々もぐもぐしたりします。

ただ、歯磨き粉については、アロマショップでも販売されており、自分で作るレシピもあるようですが、口臭予防についてはドラッグストア等で販売されている大手メーカーのものの方が、効果は高いように思うので、そういったものを使用しています。

アロマセラピーは、口臭予防だけでなく、香り自体でリラックスして、口臭のことでくよくよ考えたりしなくなるのも良いように思っています。