40代からの口臭予防

私は40代の専業主婦です。
40代ともなれば子供たちの幼稚園や学校、習い事などで毎日のように人に会う生活になり、
立ち話などで話していると口臭が気になる人に会うこともよくあります。
おそらく本人は気付いてないのだろうなぁと思うと、それなら私はどうなんだろう?と気になるようになりました。

口臭対策として行った歯医者。そこで気になった口臭の原因

口臭について今まで身内からも他人からも指摘されたことはないですが、口臭自体指摘しにくいことなので、
これを機に口臭予防に良いと言われていることをいろいろ試してみようと思いました。
口臭は虫歯が原因なケースが多いと聞いたことがあったので、
まず初めに歯医者さんで月に1度定期検査と歯のクリーニングをしてもらうことにしました。


今までも定期的に虫歯などのチェックをするために歯医者さんにはお世話になっていたのですが、
歯のクリーニングというケアでコーヒーやお茶の茶色い着色が付いてしまった歯の表面をキレイに磨いてもらい、
更に歯の表面に着いた細かな傷を修復するためのトリートメントをしてもらったり、歯と歯の隙間を専用のデンタルフロスで
汚れをキレイにお手入れをしてもらったりといった保険適用外でのケアと虫歯チェックや歯周病の有無、
歯石除去など保険適用内でのケアを定期的なメンテナンスということで継続的に受けることにしました。

特にデンタルフロスは今まで使用したことがなかったのですが、
歯と歯の間に糸を入れて小刻みに動かし汚れを取る時に口の中に変な臭いが広がって、
「もしかしたらこういうのが口臭の原因になるのかな?」と思いました。

保険適用外のメンテナンスを受けるようになって歯の表面がツルツルと滑らかになったのがよくわかるようになり、
歯の表面の着色もかなりキレイになって歯の隙間の汚れもパッと見ただけでお手入れされているのがわかるようになりました。
デンタルフロスでのお手入れの時に体感した臭いがもしかしたら私の口臭なのかも...と怖くなり、
毎日ホームメンテナンスということで家でできるケアも合わせてするようになりました。

自分に合ったケア用品で口臭予防へ。


歯ブラシや歯磨き粉は通院している歯科医院でお勧めされたものに変え、歯ブラシは歯の表面や歯ぐきを痛めないように
ややら柔らかめのものにし、歯磨き粉もクリーニングの効果を持続させるため、着色も着いたとしても落とす効果がある
「ブリリアント」というものにしました。
そして通常の歯磨きが終わった後に部分使いのヘッドが小さい歯ブラシで食べかすが詰まりやすい歯の隙間を優しく磨いていきます。

3〜4日ごとにデンタルフロスで歯と歯のすき間の汚れを取り除くというお手入れを継続的にしています。
その甲斐あってかデンタルフロス時のあの気になっていた臭いもなくなり、常に歯がツルツルで歯の隙間の汚れもなくなりました。
そして虫歯予防が口臭予防につながるということから歯科医院専売品のキシリトール含有量100%のガムを噛むようにしています。


キシリトールは虫歯の発生や進行を防ぐ効果があり噛むことで虫歯予防につながると勧められてから毎食後に取るようにしています。
キシリトール100%のガムは味が持続しないことが多く、市販のものと比べるとガムベースが硬いので噛む力を鍛えることができるので
唾液がたくさん出すことで虫歯予防や口臭予防につながると聞いてから毎日忘れず続けています。


元々口臭が気になって始めたことではなかったのですが、
いろいろなお手入れをして継続的に続けていくことで口臭に対して自信が持てるようになったと思います。
40代という年代になったからには予防という意味でももっと“におい”に敏感になって、
これからも歯のメンテナンスだけに限らず、口臭に良いというものはいろいろ試していきたいと思いました。