自分の口臭

35歳女性、主婦です。20代前半から、ビックリするくらい自分の口臭が気になり始めました。
特に朝起きた時は、自分でも気分が悪くなる程酷い口臭がしていて嫌になります。

口臭の原因は「コーヒー」と「煙草」だった。

朝歯を磨いた後は一時的に改善はするものの、時間が経つとまた朝程酷くなくとも気になり始める毎日が続きました。
人に伝えるには繊細な事なので、未だ特に誰からも指摘を受けた訳ではありません。
けれど自分で口の中に溜まる嫌な匂いを感じ取れるので、第三者にも不快感を与えていただろうと思っています。

その結果人と話をするのにも知らず知らずに顔を遠ざけたり、口を覆って話をしている自分がいました。
自分でも色々と原因について考えてみましたが、口臭が気になりだす前と後の生活の違いに理由があるのではないかと思いました。

一つは、口臭が気になりだした頃から、牛乳を多く入れたコーヒーが好きになり以来頼毎日暇さえあれば飲んでいる状態でした。
便秘解消には良いと感じていましたが、牛乳を飲んだ後に残る独特なねばねばした感じが、常に口の中にあると言う状態でした。
色々と情報を調べてみると、どうやら1日5杯以上のコーヒーは過剰摂取にあたり、胃への負担や口臭の原因にもなり得るとの事でした。

もう一つは、この頃から喫煙をし始めた事です。その前も幾度か喫煙をしていた事はありましたが、
気が向いた時位の頻度で、定期的なものではありませんでした。
けれど、口臭に気が付き始めた当たりから、煙草を一日多くて2箱程毎日吸うようになりました。
一般的に喫煙は体に良くないので、口臭の問題以前にやめようと思いつつもなかなかやめられず何年も続けていました。

その他、最後に歯医者に行ってから5年以上時間が経っていた事もあり、一度クリーニングをしてもらいに行きました。
その際、かなり歯が汚れていると言う事も指摘をうけ、綺麗にしてもらった結果幾分気になる口臭がましになったと思いました。

適切な歯磨きで口臭予防へ。


私が口臭を改善する為に行っている事は、一つは1日3回に限らず、何かを口にした後は必ず歯を磨く事を心がけています。
歯ブラシは常にカバンに入れて持ち歩き、外出先でもそうしています。
また、夜寝る前にフロストを使用して歯の間の汚れを掃除する事も始め継続しています。
そうすると口の中がすっきりした状態になり、心地が良いです。

また、恐らく大きな理由だと考えられるコーヒーと喫煙に関しては今改善の努力をしている最中です。
コーヒーは牛乳を入れず、ブラックで飲む事に変えました。そうする事で、飲める量に限度が出来たので、一日中飲んでいると言う事は無くなりました。
牛乳のネバネバした嫌な感じも無くなりました。

喫煙は直ぐにやめられる事が理想ですが、なかなか難しいと感じつつ、けれど確実に量を減らしていっています。
最高期で2箱吸っていた煙草も、今は各食事の後に1本だけと制限をつけ本数を抑えました。
いずれは、それもやめると目標を立てているところです。

そうした改善の結果、朝起きた際の口臭は少しづつですが、前ほどは酷いと感じず改善されてきていると思います。
そして、胃もたれなども無くなってきました。

また、新しく始めた事は歯磨きの際、歯茎、口の中の上、舌もしっかり磨く事と、市販のマウスウォッシュを購入し、
夜寝る前にうがいをする事です。歯ブラシを2本用意して、1本は歯磨き用、もう1本は歯以外の部分用として使っています。
磨き終わった後は歯ブラシを綺麗に洗う事も心がけています。
うがいは歯磨きとフロストの後に行い、2分程かけて口の中全体をいきわたるよう心がけています。
その他、これまでは1~2年に一度だった、歯のクリーニングを2~3か月の頻度で行う事も実行中です。

この結果、口臭が少しづつですが、ましになって来たと感じています。また、朝起きた際の不快感も減ってきました。