口臭には人一倍敏感。体調管理、食べ物にも気をつかう

私は34歳の主婦です。
私は昔から父親の口臭がとても嫌いで、気になっていました。その為か、自分の口臭には人一倍気を使っているつもりです。

口臭の原因は臭い玉?気になり喉の奥を覗く

自分の口臭も気になり、あまり大きな声で大きく口を開けて話をすることができませんでした。これに気づいたのは家族と話をしている時、「あれ、今日は臭うね、少し疲れているの?」と聞かれたことにより、自分は口臭がするのだと自覚しました。

それからは口を手で覆い、吐き出した息の匂いを嗅ぐという行為を何度も繰り返す程神経質になり、口臭を確認していました。

自分の口臭を予防する為色々な事を試しています。食事のあとは歯磨きをする、歯磨きできないときには口を必ずゆすぐ、それでも気になる時には口臭予防のスプレーを口に振る、それでも自分自身が気になって仕方ない時には、マスクをかけ、人と話しをする…。

精神的に追い詰められているような気がしますが、やっぱり気になってしまっていました。

最近では、舌苔(ぜったい)を取るブラシを購入し、歯間ブラシも始めました。すると、これまで気になっていた口臭が少し薄らいできたのです。まだ完全に取れませんでしたが、これで一時的に気持ちは楽になりました。

また、同時期に喉の奥から強烈に臭う痰のような、鼻クソのような塊が出てきました。米粒位の大きさのそれは、調べてみると「臭い玉」と呼ばれるもののようでした。

「鼻にお米がはいってしまい、しばらく放置されて腐ってこんなに臭うのかな」と思っていましたが、実はそうではなく、口や喉の細菌が増えることによって生じる塊だと知りました。

それはそれは口臭を気にする以上に臭うため、臭い玉を完全に無くせばもっと口臭を気にしなくても良くなるのではないか、とまで思うようになりました。

喉の奥を覗くと、扁桃腺の根元あたりに黄緑色っぽい丸い塊が確認できました。毎日ではありませんでしたが、口臭を確認する際、時々は臭い玉はないかと見る時もありました。

食べ物や体の不調も口臭の原因になることを知り気をつける

それからは、歯磨きや口をゆすいだあと舌苔をとり、イソジンガーグルでうがいをし、臭い玉用のマウスウォッシュをするようにしました。今のところ、ケアをしたあとの口臭は気にならないほどにおさまっています。

また、食事や健康面に対しても気を使うようになりました。それは父親の行動を見ていた所から発見したのですが、コーヒーやお酒といったアルコールを摂取した後の口臭は、普段の倍以上に気になる自分が居ました。

他にもにんにくや生のネギといった匂いが強い食べ物を摂取したあとはしばらくすると臭いが気になります。自分の口も臭いと思うのに、他人が気づけばもっと臭うと感じます。

ですので、極力人に会う前にはこういった食品を食べないように気をつけてみています。その結果は、今のところ大丈夫です。

また、睡眠不足や疲労困憊の時といった体の疲れが多いときは、口をケアしていても違った臭いで口臭が強く感じられます。便秘なども同様に、不調の際には口臭は強く感じられます。

その為、できるだけ体を休める時間が確保できるようにスケジュールの調整をしたり、睡眠時間を確保する日を作ったり、便秘解消に良い食品を摂取するように心掛けています。

体調不良が少なくなったのも良かったのか、マスクを着用して出かけるということはめっきり減ってきました。良かったです。
口臭は自分で気づけないものですし、他人へ伝えるのも勇気がいります。

私も他人に伝えるのは苦手です。だからではないですが、自分が他人に違和感や不快感を感じさせたくないと思っています。自分の注意や予防で心地よい会話ができるなら、それに越したことはありません。

不摂生や不衛生で生じる臭いであるならば、少しだけ努力して口臭を予防し、素敵な人と感じてもらえるようになっていたいと思います。